お尻のニキビを話題の化粧品『ピーチローズ』で治した

Posted by パボ on 9月 19, 2015 | Short Link

私がお尻のニキビに気がついたのは、友だちと温泉旅行に行った時のことでした。

私は温泉旅行が長年の趣味で、忙しい仕事の合間の唯一の癒しでした。

ですが、楽しい温泉旅行が友だちの一言で台無しになってしまいました。

大浴場で、室外の温泉へと歩いていた時のこと。

「何それ! どうしたの? 」友だちの声に驚いて、自分のお尻に触れてみると、ブツブツができていました。

いつの間にできたんだろう?私はあわてて浴場に備え付けの鏡の前にとって返し、恐々お尻を映して見てみました。

お尻の広範囲にわたって、小さなニキビがポツポツとできています。

その様子はお世辞にもカッコいいとは言えません。

落ち込んでいる私に対して、友だちがポツリとつぶやいた一言がとどめを刺しました。

「何だか、昭和のギャグマンガに出てくるお尻みたいだね。」私はショックで、その一回しか温泉に浸からないまま、旅行を終えました。

こんなお尻、誰かに見られたら恥ずかしくて死んでしまうって思いましたから。

このままでは温泉旅行に行けないなと思いながら、数ヶ月過ぎました。

肌荒れに対しては、よく洗って衛生状態を保つことと、しっかり保湿して肌のバリア機能を高めることがスキンケアの二本柱です。

私はお尻をよく洗い、顔用の美容クリームで保湿をしていましたが、なかなか思うような効果を得られません。

このままずっとお尻のニキビが消えないままなのかと思うと、絶望的な気分でした。

お尻の色素沈着が気になって、唯一の楽しみである温泉旅行もしなくなり、気分が落ち込んでいました。

そんな時にクチコミサイトで『ピーチローズ』を見つけました。

最初は値段が高いし、お尻用クリームということに抵抗がありました。

でも、お尻の肌の状態と顔の肌の状態が違うから、お尻用の化粧品でなければ浸透していかないということには納得しました。

とりあえずお徳そうな定期コースで『ピーチローズ』をはじめてみました。

無添加で肌に悪いものも入っていないから、安心して使えました。

コラーゲンやセラミドの粒子が小さくて浸透しやすいというのも気に入りました。

使いはじめると、ガサガサブツブツだったお尻が潤い、プルプルになっていきました。

それにともなってお尻のニキビもなくなっていきました。

今ではまたお尻を気にせず、温泉旅行に行けています。

Copyright © 2014-2018 パボショップからの提案 All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.2, from BuyNowShop.com.