デニムを楽しむための「ルール」を知ってレベルアップ

Posted by パボ on 12月 15, 2015 | Short Link

デニム、デニム、デニム!今季のトレンドアイテムはデニムで絶対に決まり。

カットデニム素材やダメージジーンズなど、あらゆるデニムアイテムが今季新たに誕生しています。

デニムだからジーンズ穿いておけばいいんでしょ、的な消去法じゃなく、俺のデニムはこんななんだぜ!って語れるようなモノ、欲しくないですか?それにはまずルールを理解することが必要。

今季は「やりすぎない」ことが最大にして唯一のルール。

アナタのそのデニム、大丈夫ですか?

細部まで手の入った美しいヴィンテージ加工。

それはリアルさへの追及

このデニムの出発点は、ありえないことは無くす、ということ。

トレンドのデニムは、もちろんヴィンテージ加工やダメージ加工といったひと手間加わったアイテムも同時に発売されています。

それらのやりすぎなダメージ感、ありえないヴィンテージ加工などを一切やめ、本当に穿き古したかのようなユーズド感を求めています。

なのでありがちなダメージ加工ではなく、よりリアリティにせまったディテールがポイント。

モモやバックポケット部分の色落ちだったり、ヒゲ、アタリの出方など、研究されたユーズド感が満載!しかもコレ、テーパード&スキニーの2種類のシルエットから選べるんです。

ストレッチの効いた生地感も魅力です。

ロールアップスタイルなら、いっそアンクル丈のデニムに

今年はロールアップスタイルが去年よりもグッと増え、雑誌やSHOPなどの露出も格段に上がっています。

それもそのはず。

いつものデニムがロールアップするだけで、表情がガラッと変わってしまう魔法のスタイルだからなんです。

ならばいっそアンクル丈にしちゃえば?っていうのがコレ。

アンクル丈といっても、くるぶし付近でスパン!とカットしちゃうだけのデニムではダメ。

このデニムのように、少しロールアップするくらいでベストな位置にくるのが、最高にカッコいいんです。

ワードローブにあるデニムをロールアップすると、なんだか不自然な感じになったり…。

そんな経験がある人にもオススメです。

ゴワっと感がなく、シルエットもキレイにきまります。

インディゴカラーは飽きた!そんな人へはブラック&ホワイトデニムにチェンジ

デニムって合わせやすいから、ついついなんでもデニム主体のコーデになってしまいがち。

毎日同じようなデニム+αスタイルだと、そのうち変化が乏しくなって、鏡の前で溜息が出ちゃうかも。

そんな「インディゴ飽きた症候群」の40代ファッションメンズ

インディゴカラーのデニムをブラック&ホワイトに変えてみましょう。

するとあら不思議。

デニムよりスタイリッシュで、なおかつシックにまとまるから不思議。

スキニーシルエットで美脚効果も期待。

ただスキニーのタイトなシルエットだけでなく、ストレッチ性もあるので足の曲げ伸ばしも不自由しない作りになっています。

Copyright © 2014-2018 パボショップからの提案 All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.2, from BuyNowShop.com.