肌荒れ、疲労にも効果的!葉酸食品

Posted by パボ on 11月 8, 2014 | Short Link

ほうれん草などの、刃の部分に多く含まれることからその名がついている、葉酸。

一般的に妊娠時に欠かせないと言われます。

その中でも特に妊娠初期、妊娠の計画を始めたのなら同時、またはそれ以前に葉酸食品を積極的に摂取することを心掛けなくてはなりません。

赤血球や、細胞の新生に関して必須の成分である葉酸は胎児が正常に発育する為には必要不可欠な存在です。

通常、普通に食事を摂取していれば葉酸不足で悩むことはほぼありません。

ですが、妊娠中や、授乳中の方は積極的に摂った方がよいでしょう。

さらに、アルコールを普段から多く摂取する人も同様です。

葉酸食品の過剰摂取は現実的にあまり心配はありませんが、サプリメントなどから摂る場合は、上限を守って摂りいれることが大切です。

葉酸の多い食品、やはり葉物の野菜が代表的です。

モロヘイヤやパセリ、芽キャベツやあさつき、菜の花、春菊、クレソン、ブロッコリーなど。

その他にも豆類で挙げるとそら豆、えだまめ、納豆などにも多く含まれます。

意外なところでは海苔です。

海苔なら毎日無理なく食事に摂りいれることは可能です。

忘れてはならないのが、肝臓系です。

鶏レバーをはじめとしたレバー類。

牛や豚も多く含まれます。

この肝臓系、動物性食品から葉酸を多く摂取する場合に大切なのが、ビタミンAの過剰摂取です。

妊娠期の葉酸食品摂取の大切さは、厚生労働省でも認め、推奨しています。

妊婦に必要な摂取量は一日、おおよそ0.4ミリグラムです。

神経管閉鎖障害の発症リスクを低減すると言われており、この理想量を摂れば70パーセント程度もリスクが低いと言われています。

葉酸食品を意識的に摂ると、肌荒れや、口内炎の悩みも軽減し改善されます。

また、貧血で悩んでいる人や動脈硬化を予防したい人にも嬉しい効能を持っています。

葉酸は水溶性ビタミンです。

その為、過剰分は腎臓から尿の中に排出されるので過剰摂取に敏感にならなくても大丈夫です。

Copyright © 2014-2018 パボショップからの提案 All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.2, from BuyNowShop.com.